クラウド型DWHソリューション「Smart DWH(SaaS版)」

「Smart DWH」は、パブリッククラウド(Microsoft Azure)を活用したオールインワン型のデータウェアハウス(DWH)ソリューションです。

「Smart DWH」とは?

「Smart DWH」は、ビジネスデータの連携・統合から分析基盤となるデータウェアハウス(DWH)の構成要素(ETL、データベース)に、視認性の高いウェブユーザーインターフェース(Web UI)を加えた、データ分析を効率良く行うためのオールインワン型DWHソリューションです。
データ分析までのプロセスを最適化したWeb UIやMicrosoft Azureの機能の活用により、煩雑な操作や専門性の求められる各種設定項目を「Smart DWH」内で自動化・適正化することが可能です。データ分析までにかかっていた時間・コストの圧縮を実現するとともに、ユーザーの作業負荷を軽減し、企業のデータ利活用の推進をサポートします。

こんなお客様におすすめ

  • DWHを活用したデータ分析に興味があり、まずはスモールスタートで手軽に試してみたいと考えているお客様
  • すでにオンプレミスのDWHを利用しているが、メンテナンスの手間や費用、拡張性などに課題を抱え、その改善を図りたいと考えているお客様

「Smart DWH」の特長

データ分析までの時間を短縮

「Smart DWH」では、外部データとの接続処理やETL処理(データの抽出・データ加工)において、ユーザーに不必要に多くの設定や選択を促すことなく、Webブラウザから容易に操作可能です。データ分析までのプロセスを最適化したWeb UIにより、ユーザーの作業負担を減らし、データ分析までの操作を最短ルートでお届けします。

保有データの利活用を促進

「Smart DWH」で提供するWeb UIにより、保有データやデータ生成の各種手続き(ETL処理)の見える化が可能となります。
これにより、ユーザーが個別に保有していたデータの共通利用や、有識者が持つ知見の情報共有をもたらし、その結果として業務特性を勘案したテンプレートの導出など、積極的なデータの利活用を促進します。

パブリッククラウドの利用メリットとシームレスなデータ参照

「Smart DWH」では、バックエンドにパブリッククラウド(Microsoft Azure)を活用しているため、性能の高いデータベースの利用やデータ容量の増加に応じたリソースの拡張も容易であり、またハードウェアの調達が不要であるため、初期投資のコストや導入までに必要な時間を圧縮することができます。
「Smart DWH」への格納データは、蓄積時に高圧縮され、カラムストア型のデータベースに格納されます。そのため、大量データの参照もストレスのない応答を得られます。
「Smart DWH」へのEndpointを提供しているため、現在利用している使い慣れたBIツールから「Smart DWH」に直接アクセスし、データの参照・分析をすることも可能です。

「Smart DWH」の価格

個別見積となります。お気軽にご相談ください。

参考価格(税抜)
(1)月額利用料
  ・月額利用料※1:月額ライセンス料金(15万円)+Azure利用料
(2)オプション
  ・PoCメニュー提供価格※2:120万円~
  ・システム構築初期価格※3:200万円~

※1. 上記のライセンス料金はSTSからAzureを販売するときの価格で、別事業者からのご購入を前提とする場合は、月額ライセンス利用料は20万円となります。またAzure利用料はAzureをご購入いただいた事業者様へのお支払いとなります。
※2. 本格導入前にお客様の業務への適合性評価を支援します。
※3. セキュリティの問題でSaaS利用が難しい場合、SaaSで提供する機能をそのままお客様保有のAzure環境へ導入支援します。

メールフォームでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

フリーコール フリーコール0120-65-5158 ご相談対応(平日)9:00〜17:00
携帯電話・PHS・IP電話から → 076-265-5151

Products