オラクルライセンスの「正解」がここにある Powered by System Support.Inc

Oracleライセンスを、破格でご提供。専門的な視点から、お客様に必要なアドバイスを提供。見積り方法から見直すことで、適正な価格でのライセンス販売を実現させています。弊社は日本オラクルゴールドパートナーのライセンス販売代理店です。

某中央省庁様をはじめとした約200社の導入実績

専門的な視点から、お客様に必要なアドバイスを提供。
見積方法から見直すことで、適正な価格でのライセンス販売を実現しています。
弊社は日本オラクルゴールドパートナーのライセンス販売代理店です。

Oracle Databaseライセンス、保守の価格

ライセンス価格表

製品名 種類 価格 初年度保守
Standard Edition 2(SE2) Named User Plus 42,000円 9,240円
Processor 2,100,000円 462,000円
Enterprise Edition(EE) Named User Plus 114,000円 25,080円
Processor 5,700,000円 1,254,000円

※メディアの販売は終了しました。ダウンロード版のみのご案内となります。
※クラウド環境では別途お見積りが必要です。
※processorライセンスの価格は1processor当たりの価格となります。
(1processorはEEの場合1コア、SE2の場合は1ソケットのことを指します。)

こちらは定価ですが、お見積依頼頂いた企業様に限り、破格でご提供します!

保守は単年契約で、更新保守料金には前年度年額料金に更新時調整金が追加されます。
更新時調整金は毎年7月頃にOracle社より発表され、その年の11月~翌年10月まで適用されます。

構成の相談から承ります!ライセンス購入のみ・最小構成の販売も大歓迎!
Oracle Databaseのライセンスであれば、約1週間で導入できます。

ライセンスの計算式例(EE)

processorライセンス、Named User Plusライセンスの計算例。

環境例

Processor : Intel Xeon Processor E5-2630 v3 8コア(係数0.5)

OS : Oracle Linux(64-bit)

搭載CPU : 1

データベース使用人数 : 50名

データベース : Oracle Database 12c(12.1.0.2) Enterprise Edition

【processorライセンスを購入する場合の計算式例】

5,700,000円 × 1Processor × 8Core × 0.5(係数) = 22,800,000円

(ライセンス価格 × processor数 × コア数 × CPUごとに設定された係数)

【Named User Plusライセンスを購入する場合の計算式例】

114,000円 × 100名※ = 11,400,000円

(ライセンス価格 × ユーザー数)

※Named User Plusライセンスの場合は最小ユーザー数が定められており、使用予定のユーザーが最小ユーザー数に満たない場合は、
最小ユーザー数にてライセンス価格を計算します。
上記の場合はデータベース利用ユーザー数が50人ですが、最小利用人数が100人ですので100名分のライセンスが必要になります。

最小ユーザー数 : 1Processor × 8Core × 0.5(係数) × 25NUP = 100名
(プロセッサー数 × コア数 × CPUごとに設定された係数 × 最小購入数)

上記の価格はあくまでも計算例ですので、ここからさらにお安くできます。
※通常はライセンス料金に加え保守料金も必要となります。詳細はお問合せください。
また、Oracle Database Standard Edition2についても詳細はお問い合わせください。

構成の相談から承ります!ライセンス購入のみ・最小構成の販売も大歓迎!
Oracle Databaseのライセンスであれば、約1週間で導入できます。

ライセンス購入フロー

ライセンス購入に必要な情報

構成確認からサポートいたします。

ライセンスの選定

Oracle 製品のライセンスは以下の2 種類から選択します

Processor ライセンス
サーバーに搭載しているプロセッサ数に比例したライセンスです。
利用人数、クライアント台数共に無制限で利用できます。
Named User Plus (NUP) ライセンス
使用するユーザーの数に比例したライセンスです。
一般的にユーザー数が少ない場合に有利です。

Oracle 製品がインストールされるサーバーに搭載されているプロセッサ数で算出※マルチコアプロセッサの場合はコア係数の適用が必要 Oracle 製品がインストールされるサーバーにアクセスする可能性がある全ての使用者の数で算出。※同時接続数、クライアント台数等はカウントしません。

  • Oracle製品がインストールされるサーバーに搭載されているプロセッサ数で算出。
    ※EEでマルチコアプロセッサの場合はコア係数の適用が必要。

  • Oracle製品がインストールされるサーバーにアクセスする可能性があるすべての使用者の数で算出。
    ※同時接続数、クライアント台数等はカウントしません。

構成の相談から承ります!ライセンス購入のみ・最小構成の販売も大歓迎!

Editionの選定

システム規模とデータベースEdition
ライセンス形態
Oracle Database 製品ラインナップ

CPU の種類や搭載OS により制限が異なります

Oracle Database Standard Edition 2(SE2)

手ごろな価格で必要な機能を備えたデータベースです。

Oracle Database Enterprise Edition(DB EE)

パフォーマンス向上、可用性向上、セキュリティ強化等のさまざまな機能が利用できます。

どのEditionがベストかわからない

Enterprise Editionでしか使用できない機能が必要 → Enterprise Editionを選択

CPUの数が3つ以上必要 → Enterprise Editionを選択

最低限の機能で費用を落として使いたい → Standard Edition2を選択

Editionによる違い
Enterprise Edition Standard Edition 2
搭載可能最大CPUソケット数 無制限 2
Processorライセンスの最小購入数 1Prosessor 1Prosessor
Named User Plusライセンスの最小購入数 25NUP/1Prosessor 10NUP/1サーバー
使用可能最大CPUスレッド数 無制限 16(RACの場合は8)
RAC使用
バージョン 全て適応 12.1.0.2以降

※この他にCPUの情報や、クラウド契約の情報が必要となります

構成の相談から承ります!ライセンス購入のみ・最小構成の販売も大歓迎!

Optionの検討

Enterprise Editionの能力を拡張してパフォーマンスと可用性、セキュリティとコンプライアンス、データウェアハウス、管理性といった要求を実現するための豊富なオプションを用意しています。
これらの多様なオプションと、標準で提供される幅広い機能との組合せが、Oracle DatabaseをNo.1のデータベースに位置付けています。

人気のOpitionの一例

Real Application Clusters(RAC)

サーバー・クラスタ間で単一のデータベースをデプロイできるため、アプリケーションをなんら変更することなく、 卓越した耐障害性とパフォーマンス、スケーラビリティが提供されます。 あらゆる業種にわたる広範な顧客にとって、トランザクション処理とデータウェアハウス・アプリケーションにおけるOracle RACの重要性が高まっていることを多くのアナリストも指摘しています。

Active Data Guard

本番データベースから同期された1つ以上のスタンバイ・データベースに、リソース負荷の高いアクティビティを分散することによって、スタンバイ環境の有効活用を実現します。Oracle Active Data Guardでは、読み取り専用でフィジカル・スタンバイ・データベースにアクセスして、問い合わせ、ソート、レポート作成、Webベースアクセスがおこなえる一方、本番データベースから受信した変更を継続的に適用します。

Partitioning

表や索引を小さく管理しやすいコンポーネントに分割できる機能であり、高いパフォーマンスや可用性が求められる大規模データベースでは重要な要件です。 Oracle Databaseでは、インターバル、リファレンス、リスト、レンジなどのさまざまなパーティショニング手法に加え、注文日(レンジ)と地域(リスト)あるいは注文日と顧客タイプ(リスト)のように2つの手法を組み合わせるコンポジット・パーティションにも対応しています。

Database Vault

データベースに対するスーパーユーザを廃止し、複数のユーザによる職務分掌と相互監視の効いたデータベース環境を実現します。柔軟かつ強靭なアクセス制御により、一般ユーザはもちろん、データベース管理者からも機密データを保護します。

Diagnostics Pack

DBの診断やチューニングに必要となる情報をグラフを多用してレポートし、パフォーマンスの問題の診断と修正という複雑なタスクを簡素化することで、ビジネス・システムの高可用性を確保します。 Enterprise Managerに統合されている一連の管理アプリケーションで、データベース、ホスト・システム、WebサーバーおよびOracle Applicationを含むOracle環境の監視・診断に必要なツール・セットを提供します。データベース、オペレーティング・システムおよびアプリケーションの状態を監視することができます。また、その時点での問題を診断・修正したり、問題を事前に防ぐためのリソース要件を計画することもできます。

Tuning Pack

管理者および開発者がデータベース、SQL文、表領域および索引のチューニングを行ない、高いパフォーマンスを実現するための一連のツールを提供します。 Oracle Enterprise Managerシステム管理プラットフォームを基盤とするOracle Tuning Packアプリケーションは、パフォーマンスの向上を重視した統合的なチューニング機能を提供し、SQLのパフォーマンス向上のための推奨事項を提案します。

詳細はお問合せください。
尚、Standard Edition 2では購入することができません。Enterprise EditionのみのOptionです。

構成の相談から承ります!ライセンス購入のみ・最小構成の販売も大歓迎!

サポート(保守)の検討

オラクル製品を十二分にご活用いただくためのもので、メンテナンスから問題解決までをサポート致します。

24時間×365日 無制限で問合せを受付

夜間・休日を問わず、緊急性の高いトラブルには即時対応

ソフトウェアのアップデート版の提供

将来の製品リリースやアップグレード、セキュリティ修正、修正パッチ、法改正対応

新バージョンは何度でも追加コストの負担なく入手可能

契約ユーザー様専用ウェブサイト(My Oracle Support)のご提供

エラーの潜在要因を除去し問題の発生を未然に防止


ヘルス・チェック - 危険な設定や構成の検査と対処方法、(ナレッジやベスト・プラクティス)を提供
パッチ・アドバイス - パッチ適用状況を監視し、未適用の重要パッチのダウンロードを支援

技術問い合わせ(修正プログラム、更新版プログラムの提供などを含む)を行う場合は、サポート契約が必要です。

構成の相談から承ります!ライセンス購入のみ・最小構成の販売も大歓迎!

SE2から追加された制約事項

1. 性能の制約

SE2(12.1.0.2以降)には、ひとつのDBインスタンスが使用するCPUスレッドが制約されます。
1台のサーバ上では最大16CPUスレッド、RAC構成を組む場合は1ノードあたり最大8CPUスレッドが上限としてOracle DBプログラムに設定されています。
補足:1台のサーバで複数インスタンスが起動する場合は、各インスタンス毎に最大16CPUスレッドを使用します。

2. ライセンス上の制約

RAC構成を組む場合は、1CPU×2ノード の構成で使用可能です。
2ソケットマシンにSE2をインストールすることは可能ですが、その場合は下記いずれかの対応が必要となります。

① それぞれのマシンからCPUを1枚外す
② Hard Partitioningで区切り、DBが1CPUしか使用できない設定にする

構成の相談から承ります!ライセンス購入のみ・最小構成の販売も大歓迎!

SE/SE1の販売終了とサービスサポート

1. SE/SE1の販売終了

SE2リリースに伴いまして、SE/SE1の販売は2016年1月末で販売終了しました。

2. 12.1.0.1以前のバージョンを継続してご利用になる場合

販売終了後もSE/SE1のサービス・サポート契約のまま更新頂けます。

3. 12.1.0.2以降のバージョンをご利用になる場合

SE/SE1では、12.1.0.2以降のバージョンはご利用できません。
SE2へライセンス移行手続きが必要になります。

DB Verと主要OSとサポートスケジュール

構成の相談から承ります!ライセンス購入のみ・最小構成の販売も大歓迎!

SE/SE1からSE2へのライセンス移行

  • 1. Processor/Named User Plus共に「1:1」の比率移行(無償)が可能です。
    ※SE2の最小ユーザ数(10NUP)に満たない場合は、不足分のユーザ数の購入が必要。
  • 2. SEを4ソケットマシンでご利用の場合は、SE2にライセンス移行できません。
    Enterprise Edition (EE)へ移行(有償)するか2ソケットマシンに変更が必要です。
  • 3. SE1からSE2に移行する場合、保守料金が20%割増となります。
利用状況別移行パターン
現在の利用状況 ライセンス移行 保守料金
SE1 2ソケット マシン SE2へ無償移行 移行前SE1保守料金に20%上乗せした金額
SE 2ソケット マシン SE2へ無償移行 移行前SE保守料金と同額
SE 4ソケット マシン EEへ有償移行 EEの料金に増額

構成の相談から承ります!ライセンス購入のみ・最小構成の販売も大歓迎!